1月 01 2016

お肌を傷つけないvio脱毛の事前処理の仕方

vio脱毛の事前処理は前日までに

エステサロンのスタッフさんにも言われることですが、vio脱毛に限らずどの部分でも事前処理は必ず施術前日までに行います。
施術当日に処理してしまうと、処理してから時間が経っていなくて肌がより敏感な状態になっているため、お肌に負担がかかりやすいのです。
そうなれば、後に赤みやトラブルの原因になってしまいますので気をつけましょう。
vio脱毛は、人によりますが、最初の何回かは全部処理して光を全体に当てることが多いです。
そうすると全体の毛が細くなり、毛の量も減っていきます。さらには全体的に見たときに柔らかい印象になります。触り心地も各段に違ってくるのが特徴だといえます。
でも、そこまで毛深くなく、全部剃らずに今生えている毛は残して形を整えたい、という人も中にはいるでしょう。
その人たちは特に、前日に処理して失敗してしまい施術当日を迎えた、ということにならないよう、施術日時に余裕をもって事前処理の練習をしてみてはいかがでしょうか。
初めてしっかりと処理する、という人は特に失敗しやすい部分でもありますからね。
施術前だけでなく、定期的にアンダーヘアのムダ毛を処理することで、ムレにくくもなります。
そして清潔を保てるのでオススメです。

自己処理のやり方の流れ

普段の処理の際はT字のカミソリを使っている、という人も多いのではないでしょうか。
でもvioラインは他の部位に比べて非常にデリケートな部分です。
それにiライン、oラインは自分で見にくいということもあり、処理に失敗することもあります。
vioラインの事前処理については、顔用の電動カミソリを使用しましょう。
電動カミソリを使ったことのある人は分かっているかもしれませんが、T字のカミソリと違い、お肌を傷つけることなく優しく剃ることができます。
さて、やり方ですが、まずは毛をハサミでカットします。vioラインの毛は案外長いので、カットしてからの方が断然剃りやすいです。
ある程度短くカットしたら、電動カミソリで丁寧に剃っていきます。
恥ずかしいかもしれませんが、剃りにくい場合は鏡で見ながら剃ると処理しやすいです。
そして処理が終わればボディローションやオイルなどで保湿を行います。
そうすると肌へ負担をかけることなく、処理することができます。
vio脱毛はデリケートな部分ということもあり、不安なこともたくさんあるかもしれませんが、事前の処理の段階からしっかりとケアすることを頭に入れて、綺麗なvioを目指したいですね。